2012年3月28日水曜日

「子どもカフェ」6最終回

3/20に子どもカフェがついにオープンしました。 三ヶ月間のトレーニングを終え、晴れてオープンの日を迎えた子ども達は明るく元気で自信に満ち溢れていました。
いつも通り元気な挨拶の後、今日で最終日なので、よく頑張った勲章をみんなにプレゼントしました。
仕込みの段取りや、予約の確認を行い、各チームに別れて準備に取りかかります。
ホールチームは店内の飾り付けを行いました。 今までの練習風景の写真をギャラリーに飾ったり、みんなが持ってきたお気に入りの本を閲覧出来るコーナーも設けました。
キッチンチームはひたすら料理の仕込みです。約30食分のハンバーグランチを仕込まなければならないので、子ども達に取ってはかなりの重労働ですね。
準備も一段落したので、オープン前にミーティングタイム
そして、いよいよオープンです。 早速、オーダーが通りましたよ〜!
みんな自分達の作った料理が気になるみたいですね。 表に出て来て客席を覗き見です。。
もちろん、お会計も! それにしても凄い注目度ですね。
お客さんもどんどん来てくれて、いつのまにか大忙しです。 映像もご覧下さい〜
最初はバラバラだった子ども達も練習を重ねる毎にコミュニケーションを取る様になり、最終日には見事なチームワークを見せてくれました。最初のお客さんが来るまでは、僕たち大人にも伝わってくるほどの緊張感でしたが、次第に慣れてきてみんなとても楽しそうにカフェ店員を体感してくれていました。カフェごっこではなく真剣にトレーニングを積んできた結果、子ども達の取り組み姿勢も真剣そのものでした。責任を与える事で、子どもは成長するんだなと強く感じた瞬間でもありました。自分達で考え、協調性を持ち、お互いを尊重し合ってこそお店は一つになるのです。 今まで僕は飲食人として沢山のお店に関わってきましたが、この様に「一つになったお店」に巡り会う事はとても難しい事なんです。実際のお店は売り上げや他店との競争に日々追われ、どんどんと美味しくて健康な料理を食べてもらう事から遠のいている様な気がします。そんな世知辛い時代ではありますが、子どもの頃にこのカフェで体感した事がきっかけで食の世界に飛び込み、ふとした時に思い出してくれたら、隊長はとても嬉しく思います。 スタッフの皆様、参加してくれた子ども達、貴重な体験と時間をありがとうございました。また、続けれる様に企画を練りたいと思いますのでその時までしばらく休憩とさせて頂きますね。。